忍者ブログ
ウルティマ オンライン(UO) Hokuto在住のユーザーBlogです。。。
プロフィール
HN:
しゅた
性別:
男性
自己紹介:
UOっていうオンラインゲームのHokutoシャードの住人です。
2010/10/01現在、アカウント暦が2年7ヶ月のひよっこです。
中の人は、社畜で、しかも♂です。
ハッハッハッ……興味のないものは、去るがよいわぁ(しくしく)


カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/05 高性能金属]
[02/02 プリ]
[01/26 蘭香]
[01/26 Malice]
[01/12 Angel]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おい坊主、サンタってなんであんなに赤い服を着ているか知ってるか?
あれはな、返り血を浴びても、目立たないようにしているんだぜ。
嘘じゃねーよ。
おし、じゃあ、坊主にだけ、真実を教えてやろう。
赤い鼻のトナカイっているだろ?
そう、サンタの乗っているそりを引いてる奴だよ。
あれは、対ヒト用決戦四足キャリアーっていってな、人間を追い込むための機械動物だぞ。
赤い鼻から、一千度のレーザー光線を出して、人間を蒸発されることもできるんだぜ。
本当だ。嘘じゃないって。
じゃあ、証拠を見せてやろう。
毎年アメリカ軍が破壊と殺戮の限りをつくしながら北極から南へ向かうサンタを追跡しているんだぜ。

アメリカ軍サンタ追跡レーダーサイト(NORAD Tracks Santa) 
(別窓で開きます。サイト内は、音が出ます。ご注意あれ)

どうだ?アメリカ軍も動いているんだぜ。
これで、信用してくれるよな。

最近、煙突がなくなってきたと思わないか?
そうだ、サンタが進入してきたらかなわないからな。
人類は、サンタの恐怖におびえながら、煙突の必要のない家をついに作り上げたのさ!!
人類の進化ってのは、サンタの殺戮から身を守りたいっていう一心で進んできたんだぜ。

ああ、そう言えば、日本にも、おっきな煙突がまだ、残っているだろ?
おお!見たことあるのか?確かに、あれは、銭湯だよ。
でもな、銭湯ってのは、カモフラージュだ。
あれはな、対サンタ用のトラップなんだよ。
絶対に、言うなよ。
ああ、パパやママにも、言っちゃだめだぞ。
これは、国家秘密だからな。
民間の家に煙突がないから、しかたなくサンタは、あれから中に入ろうとするんだよ。
そしたらどうなる?
そうだ。巨大なボイラーの火に焼かれてボン!だ。
実は、もうサンタは、それほど残ってないだ。
もうすぐ、人類は、サンタの恐怖に打ち勝つんだぜ。
だからな、坊主、サンタを夢見ちゃいけないぜ。

さて、クリスマスも近いですので、心温まるお話から始めてみました。
しゅたさんですよ。みなさん、お元気でしょうか?
しゅたさんは、明らかにカラ元気ですわ。
いやぁ~は・や・くクリスマスこないかなぁ~楽しみだなー(棒ー)

で、UOですけれども………
会社から帰ってきましたれば、コーブがベイン軍に蹂躙されているではないですか!!
あの小さな街、戦略的に、どう大事なんでしょうか?
北斗のベインの司令官さんは、ぼんくらですか?もしかして?

まあ、そんなことはともかく、とりあえず、サッシュが欲しいので、コーブの周りに沸いているオフディアンさん達をやっつけることにしましたよ。

4c5f3229.jpeg

拍子抜けするくらい簡単にサッシュが棺おけに入っておりますねぇ~
体感的には、5匹に1匹は持っている感じですなぁ~

0e88fefb.jpeg

戦士は、WA【Whirlwind Attack】がありますので、さくさくと狩れますねぇ~

678a1f82.jpeg

結局、30分前後で、これだけのサッシュが集まりましたよー

a3aeafd9.jpeg

妖精特効の刀も、欲しいので、軽く10体くらいは、骨デーモンを横叩きしたんですけれども、結局でなかったです。
夕方だったんですが、もうすでに、たくさん冒険者さんががいましたので、抽選にもれまくっていたみたいです。
あいかわらず引きが弱いしゅたさんですなぁ(泣)


PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c しゅた in UO All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]